痛風の予防は簡単にできる|規則正い生活が肝心

家族

早期対策をする

寝転んでいる男の人

低プリン体が人気

痛風の大きな原因はプリン体と呼ばれるものです。食生活が偏ってしまったり、運動不足になったりすると痛風のリスクが大きくなりますが、食生活で言えばプリン体を多く含むものを食べるとなりやすいと言われています。例えばプリン体を多く含む食品としては、煮干しやしいたけと言ったものの他に、動物のホルモンなども多いです。焼き肉が好きな方がホルモンばかり食べていると、プリン体を体内に多量に摂取してしまい、それが結晶になってしまうと痛風発作が起きてくるようになります。そして、そこで人気になってくるのが低プリン体の予防食品です。例えば低プリン体の痛風予防食品としては、ビールでいれば低プリン体ビールがあります。通常のビールを飲むよりもそれらの予防食品を飲んだほうが、プリン体の摂取を抑えられます。

少ないだけなので注意

痛風予防として、痛風予防食品が人気ですが、それらはあくまでプリン体の量が少ないというだけですので食べ過ぎることはよくありません。なので、低プリン体食品だからと安心しないように注意することが大切です。尿酸値が高い方は低プリン体を使った食品をできるだけ使うようにして、それを食べ過ぎないように工夫をしましょう。そして、その上で適度に運動をして健康的な食生活と生活サイクルを作っていくことが、一番の痛風予防になってきたりします。すでに痛風発作が出てしまった方も同じで、予防だけでなくその症状の改善のためにもプリン体摂取を抑えることは大切ですので、低プリン体食品を使って一日のトータル摂取量を出来る限り減らしましょう。そうすれば痛風発作が起きる回数も少なくなってくることもあります。