痛風の予防は簡単にできる|規則正い生活が肝心

家族

毎日の生活で体質改善

女の人

栄養食品で痛みをなくす

痛風は、その発作の痛みから「風が吹いても痛い」と恐れられている疾患ですが、本当の怖さは合併症が起きることにあります。治療薬で発作が抑えられても、尿酸値の高い体質そのものを改善しなければ、根本的な解決にはなりません。ですから、健康食品で体質を根本的に改善して、痛風発作の起こらない身体にして行くことが、痛風予防には最も大切なポイントなのです。しかも、健康食品でしたら誰でも簡単に手に入り、気軽に利用することができます。今は痛風予防に有効な健康食品が、いろいろと販売されています。尿酸を排出するのに効果のあるアンセリンや、血液をサラサラにして尿酸が一か所に溜まることを防いでくれるDHAなど、それぞれに痛風予防に役立つ成分が配合されていますので、自分に合ったものを選びましょう。毎日の生活の中で健康食品を無理なく取り入れて、イヤな痛風発作とさよならしましょう。

効果的な飲み方とは

尿酸が発生するのを防ぎ、排出してくれると人気の高い痛風予防の健康食品ですが、効果的に利用する方法はあるのでしょうか。痛風予防の健康食品をサプリで摂る場合、通常は食後に水またはぬるま湯と一緒に飲みます。これは食後の方が吸収が良くなるためなのですが、ただし配合成分にアンセリンがある場合には、少し注意が必要です。アンセリンは尿酸を排出・抑制してくれる成分として、痛風予防のサプリによく使われているのですが、アミノ酸系の栄養素のため、食事中もしくは食後すぐに摂取すると、吸収率が落ちる性質があります。アンセリンが配合されているサプリは、食前30分ぐらいか、食後2〜3時間後に飲むと良いでしょう。また、サプリは一度に飲むより、何回かに分けて飲む方が効果的ですので、朝・昼・晩、それぞれ飲むことをおすすめします。上手に利用して、効果を十二分に活かしましょう。