痛風の予防は簡単にできる|規則正い生活が肝心

家族

選び方と使う順序

笑顔の女性

原因をよく知ること

痛風は、男性に多いと言われている病気です。発症すると、足のつけ根などに非常に強い痛みを伴うのが特徴です。普段の生活の中で痛風を予防する為には、その原因を知ることが大切です。痛風の原因は、尿酸と言われる物質が、血液中にたくさん増えてしまう事が考えられます。尿酸が増えてしまうと、普通なら血液の中に溶けている状態なのに、溶けきれない部分ができてしまい、これが固まってしまう事で強い痛みが発生するのです。したがって、この尿酸がたくさん作られてしまう事を防ぐ事と、きちんと排出できるようにする事が、痛風を予防するのに重要になります。また、尿酸の材料と言われているプリン体という物質があります。このプリン体の摂取を控えるという事も有効であると言われています。

普段の生活でできる事

痛風を予防する為に、普段の生活でできる具体的な事は、いくつか挙げられます。まず、痛風と関連があると言われている肥満に気をつける事です。それには適度に運動をする事が効果的です。ただ、呼吸を止めて行うような、激しい動きをすると、体の中に尿酸を作り出してしまいます。ゆっくりと続けられるような適度な動きを心がけましょう。次に、尿酸がスムーズに排出される為に、お茶や水などの水分を積極的にとって、尿の量を増やす事も効果的です。ビールなどのアルコールには尿酸の元となるプリン体が含まれている物が多いので、気をつけましょう。食べ物では、乳製品を摂ると痛風になるリスクが低くなると言われており、食物繊維はプリン体の吸収を抑えてくれるので、予防に役立つと言えます。